FXでの投資期間とスタイル

 FXでは異なる2つの種類の通貨を一組の通貨のペアとして、これを相互間で売買していくことによって利益を求めていくことになります。
得られる利益のタイプは2つあり、1つは通貨を手元に保持することにより、その通貨の為替相場のレート変動を利用して、その価値を変える、いわゆる為替差損益を求めていくものと、もう1つは通貨にそれぞれに設定されている金利の差額であるスワップポイントを利益として求めていくものになります。

この2つの利益はそれぞれに求め方が違い、それによって投資取引のスタイルや、1回の取引きにかかる時間、利点や欠点、注意点といったものが変わってくるのです。

通貨の為替差損益を求めていく場合には、短期取引、中期が適切なものとなり、短いものでは十数秒で1回の取引きを終えるものもあり、長くとも数日間から数週間で取引きを終えます。

対して金利差のスワップポイントを求める場合には、長期取引になることがおおよその条件になります。
その理由はスワップポイントの特性になり、スワップポイントで得られる利益は極めて小さく、また日ごとに集計をされ、通貨の決済時に清算されてまとめて支払われる形になっています。
こうしたことから1回の取引きを長く続ける必要があり、その期間は数か月から数年といった極めて長い期間となるのです。

このような取引の特性の違いがあるために、FXでの取引きはそれぞれ求める利益によって、その投資スタイルが大きく変わってくることになるわけです。

短期取引、中期取引きのメリットは、通貨を保持している期間が短いために為替変動の相場リスクにさらされる危険性を低くすることができることと、短期間に取引を繰り返すことによって、為替相場のレート変動を丁寧に利益に変えていくことができるために、短い期間で大きな利益を生み出すことができるという事になります。

デメリットは、取引きを行っている間は常に為替相場と向き合っていなくてはならず、時間を大きく拘束されることと、また、特に数分や数時間という短期取引の場合には、その間に投資結果の資産や相場の予測を何度も繰り返して行わなければならないために、FX取引きに関する高い知識と経験と、さらに集中力と判断力を必要とするために、取引きを行える投資家を選ぶという点にあります。

長期取引のメリットは、煩わしい取引きを繰り返すことなく、小さいながらも安定した利益を上げ続けることができるという事にあります。
だたし、デメリットとして相場の変動リスクにさらされやすという点になり、場合によってはスワップポイントの利益を相殺してしまいます。

また、定期的に見直されている金利の変更についても注視しておく必要があり、取引き最中に金利が変われば得られる利益が小さくなったり逆に支払わなくてはならないケースも起こり得るからです。